これがわたしのサガなので。

かきたいことをかきたいときに

全部最高なんで観てください!!!3つの「若おかみは小学生!」のススメ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

f:id:sagararara:20190425225322j:image

 

※この記事は未視聴者の方向けに制作されておりますが、「若おかみは小学生!」シリーズのネタバレを含みます。ご注意ください。

 

こんにちは、さがら みゆです。

 

みなさんは、2018年9月に公開された映画「若おかみは小学生!」ご覧になりましたか!?

 

子供向けながらも考えさせられるストーリー、ジブリを沸騰とさせる背景の描写、とにかく最高…の劇場版「若おかみは小学生!をご覧になりましたかと聞いていますが…!?

 

み、観てない!?

 

しかたないですね!!こちらのU-NEXTで、アニメも劇場版も観られますからね!!

 

 

 

DVDもありますからね!! お布施に買うんですよ!!

 

 

私は観に行きました。

 

何を隠そう私、小学生時代から原作「若おかみは小学生!」のファンであり、

10年近くずっと映像化を熱望していたのです…。

 

そんな時にアニメ化・アニメ映画化・有名声優多数起用……。

人生って本当に何が起こるかわからないですね。

 

しかも映画はかなりの大成功を収め、認知度もぐんぐん上昇!グッズ展開もされ最高のホクホク……

なのですが、やはり劇場・原作・アニメで、結構違いがあるので、

やはり原作ファンとしては原作を観てもらいたい!!!

 

ということで、今回は劇場・原作・アニメの違いを踏まえつつ、私の「超主観で」それぞれのご紹介をさせていただきたいと思います。

普通に原作贔屓をしますがお許しください……

本当に…若おか…最高なんで……観てね!!!!!!!

え、なんですか…コミカライズ……?

 

 

 

おおまかなストーリー

劇場版若おかみは小学生!のストーリー

交通事故で両親を亡くしてしまったおっこが、おばあちゃんがおかみをやっている春の家に引っ越したことをキッカケに若おかみに!

幽霊のウリ坊や美陽ちゃんと交流したり、春の家のお客様たちのおもてなしをしていくことで、おっこは少しずつ成長していきます。

 

「家族」「命」というのも本作のメインテーマとなっていると思われます。

 

原作若おかみは小学生!のストーリー

交通事故で両親を亡くしてしまい、春の家で若おかみを始める…と、ここまでは本当に大差ないのですが、

原作では幽霊のウリ坊や美陽ちゃん、鈴鬼くん達と協力して次々と少し癖のあるお客様をおもてなししていきます。

 

また、若おかみ研修や、魔界の旅館での接客、

そしておっこの恋……

 

など、映画では描かれなかったストーリーや魅力的なキャラクターがわしゃわしゃ飛び立てきます。

また、劇場版ではあまり取り上げられなかった幽霊ズや鈴鬼くんの掘り下げもめちゃんこされています。

 

 

アニメ若おかみは小学生!のストーリー

大まかなストーリーはほぼ原作と変わりありません。

というか、劇場版が若干大人向けに制作された印象を受けるのに対し、原作の年齢層よりも若干下の子向けにアレンジしたのがアニメ、という印象です。

とはいえ、ナレーションの能登麻美子さんをはじめ、水樹奈々さん、小林ゆうさんなど、有名声優も出演しているため大きなお友達でも楽しく観ることができると思います。

 

それぞれの印象

劇場版

なんと言っても作画が全部すごい!!!

そこらじゅうで言われているのでその辺のことはその人達に任せますが、本当にすごいです。

また、グローリーさんとのショッピングシーンはマジで可愛い。

あのシーンでくるくる着替えているおっこやウリ坊・美陽ちゃんの衣装は原作で描かれた衣装なので、原作ファンのハートもぐっと鷲掴みです。

また、マジのネタバレになるので詳しくは避けますが展開が結構重ためで、考えさせられるストーリーなのも意外でした。

 

また、原作ではそこまで掘り下げられなかったおっこの両親との描写も多く、美陽ちゃんと真月さんの関係性についてもうまく触れられていたので「家族」とは…!!という気持ちにさせられました。

 

ただ、やはり映画という短い時間の中での表現になってしまうので当たり前ではありますが、おっこの成長がめちゃくちゃ駆け足だったり、原作を舐め回すように見た狂ったヲタクなので真月さんのキャラ改変に度肝を抜かれたり、鈴鬼くんはただのつまみ食いおばけみたいになってるし、そういう点ではアレッ?と思う点もありました。

 

原作

巻数増えるごとにすこしずつ力をつけていくおっこや春の家の描写に、こちらも感情移入がしやすいです。

また、劇場版おっこは「ごく一般的な1人の女の子」という位置付けであったと考えているのですが、対して原作おっこは「他の子とは少しだけ違う、特別な力を持った女の子」な一面があります。

幽霊や鬼、周りの一癖ある人間など、おっこはすぐに受け入れ仲良くなってしまうのです。

(特に後半は大抵のことはあまり気にしない)

 

新刊が出ていき読み進めていく度、どんどん「これはオタク向け!?」という方向に進んでいくのでビビりました。

みんな可愛くて大好きなのですが、特に鈴鬼くん率いる魔界のキャラクター達は、オタク好みの一癖二癖ある可愛いキャラクターばかりです。

番外編では真月さんと共に男体化(正しくは未来の自分の「孫」にタイムスリップ的に憑依してしまう)する回があったり、おっこを取り巻く4人関係のお話であったり…。

 

劇場版でも美麗さを振りまいていたあかねさんや、一応出番のあった鳥居くんも、サブメインとしてワシワシ出てきます。

 

特に私はおっこのラブストーリーがめちゃめちゃに好きです。

幽霊が見えたり、小学生で既に若おかみである!というかなり特殊な分類になるであろうおっこが、めちゃめちゃ普通の女の子としてわー!きゃー!やっているのがとっても可愛いんですよね…!!!

 

また、後述しますが、劇場では全く触れられない「ウリ坊の血縁者」や、

「鈴鬼くんの友人たち」も登場し、それぞれ結構深く掘り下げられています。

 

少し活字は苦手…という方へ…そもそも青い鳥文庫で展開されている児童書なので、安心してくださいね!!! 

 

アニメ

基本的には原作を忠実にアニメ化しています。

1期が24話で最終話を迎えており、飛ばしている巻もありますが原作8巻までアニメ化(ラストはアニメオリジナル)、という状況です。

早く2期の情報…ください〜!!!!!!!

 

また、1話15分と短めで、話が結構サクサク進みます。

また、エンディングのLINE風の映像がとっても可愛らしく、使われているイラストのLINEスタンプも販売されているので、是非観て買ってほしいところでございます…!!!!

 

まとめ

おおまかに3つの「若おか」について、私の思いのたけをぶちまけさせていただきました…。

(本当はもっと語りたいのですがネタバレなので……)

 

ということで、それぞれの若おかが誰におすすめなのか、これまた大人が選ぶのを前提として、超主観ですがまとめさせていただきたいと思います。

劇場

・家族で鑑賞会!をする際に

・大人で若おかが気になっている方に

原作

・映画でおっこやみんなのことをもっと知りたくなった方に

・割とオタク気質な方に

アニメ

・映画を見て原作はどうなんだろう?と思った方に

・原作を見て「動くおっこちゃん、観たい〜〜!!!」となった方に

 

 というか、全部おすすめできる最高コンテンツなので、気になった方は普通に全部観て欲しいというのが正直な気持ちです。

 

ということで、若おかみは小学生!のススメでした。

 

【スポンサーリンク】